私がアレクサンドルさんと知り合ったのは、彼がこども病院で看護師として働いた時です。当時、私が神経外科医として務めており、ある患者さんの診察を行っていました。学生であったアレクサンドルさんは、診断と患者さんの状態に大きな関心を持ちました。正直に言えば、アレクサンドルさんが子ども保健活動を引退したのは本当に残念だと思います。しかし、人生って選択の連続ですね。結果として、製薬分野は、高いプロ意識を持っている経営者を獲得しましたね。アレクサンドルさんがいると、どの分野においても発展と改革が確保できます。

I don't like0 dislikes

Leave a Comment